What customers really want

Voice of Customer Analyses

顧客の声を分析致します。
実際、御社の顧客は御社について、御社の製品について、サービスについてどの様に考えているのであろうか。
彼らの期待と渇望している内容は何であろうか。
顧客を理解する際に、どの様なスケールで考えていますか。
現況を改善する切り口については、いかがお考えでしょうか。

一番重要な事は、顧客の意見をタイミングを逃さずに検知する事が事業リスクを軽減する事に繋がります。企業の長期事業成功において、顧客の意見を汲み取る事は有意義な投資となります。自社から顧客へ、積極的に又、賢明な行動をした結果、顧客の満足を勝ち取る事が出来ます。顧客に御社を印象付けて下さい。

シュリーゲル・アンド・パートナー社は、顧客満足調査を行い、それらの結果を体系的に報告致します。その内容は製品特徴、製品群、要求されるサービス、現在開発されてるテーマ、顧客社内におけるプロセス・手段方法、その他御社の興味ある内容となります。御社顧客のロイヤリティーを向上する為に必要な、顧客意見の比較、査定方法を実行致します。


プロジェクトの一例

技術消耗品メーカの顧客ロイリヤティー調査 グローバル版
  • 顧客満足・ロイヤリティー調査をグローバルレベルで実行
  • 顧客意見を分析、顧客ロイヤリティーに繋ぐ手段を検知
  • グローバルレベルで顧客との関係を強化出来る共通手段を導き出す
テキスタイル業者と顧客満足調査を実行
  • 製品群の改良を検討の際に、中央ヨーロッパ、中央アジアをターゲットとした顧客満足調査を実行
  • 製品とサービスにおける期待度に焦点を置いて、満足度を分析。
  • 将来改善すべき内容として、アジア地域における営業活動と営業スタッフの研修の必要性が推奨された。
機械、プラントエンジニアリング会社における『Check』オンライン顧客満足調査
  • 2万5千人のB2B顧客を対象としたオンライン調査、グローバル版。調査目的は、業界における、依頼企業各事業部に対するイメージと本音を総括する事。
  • 質問項目は満足度を分析するのと同時に経営、イメージ、市場ポジショニング、ロイヤリティーに直結する内容等を包括した調査
  • 顧客ロイヤリティーに繋がる指標、結果に基づいて、個人レベルで意見を徴収。
  • 結果として、新部門を設立。この新部門を通して、顧客からの意見を統括する事が出来、顧客との関係強化に繋がった。
バリューセリングに焦点を置いた顧客満足調査
  • 会社構造の変化後にメカニカルエンジニアリング会社が、現況チェックの為に顧客満足調査を実行。調査手段は、面談方式と電話方式との両方が選択された。
  • 顧客満足の概況を得ると同時に、バリューセリングを前提とした、競争ポジショニング等についても調査。
  • 結果として、製品とサービスを提供する際に必要なポジショニング、強いては価格プレミアムを獲得するに当たり、納得して貰える販売方法について確認する事が出来た。

Do you speak and hear "customerese"?

御社は『CUSTOMERESE』について聞いた事がありますか。話題のテーマにしてますか。
『顧客の声』に関する記事をご覧下さい。

Part 1: Customer Loyalty

Part 2: Customer Satisfaction

Part 3: Interpretation of customer satisfaction scores

Part 4: Survey methods

Your contact person
Dierk Plümer
Executive Partner

Your contact person
Dr. Helmut Weldle
Director Methods and Communication